Make your own free website on Tripod.com

 

MACとWINを繋いでダイヤルアップ

 

電話回線が1つあって、複数のコンピュータがあったら

同時にインターネットに繋ぎたいと思いませんか?

そんなときはダイアルアップルータが必要です。

 

ルータにはハードウェアルータとソフトウェアルータがあります。

ハードウェアルータだとルータす処理をすべてやってくれるので

速いです、でも買わなくちゃいけません。

ソフトウェアルータだと、ルータとなるマシンに負荷がかかるので

ハードウェアよりは遅くなります、その代わりハードを買うよりはずっと安いでしょう。

 

ここではただで使えるソフトウェアルータのやり方を紹介します。

WIN98とWIN2000には標準でルーティング機能が付いており、それを利用します。

必要な物

◎WINPCとMACでそれぞれにネットワークカード

◎LANクロスケーブル(ハブがあればLANストレートケーブル)

◎ WIN側にモデム

WIN側の設定

まず設定ネットワークとダイアルアップ接続を開きます。

そして、プロバイダへの接続(名前は各PCによる)のアイコンを右クリックし

プロパティを開きます。そこで共有という項目をクリックして

の接続をインターネット接続の共有を有効にするにチェックをいれれば

WIN側は終わりです。

このときWINのネットワークカードが使うIPアドレスは何も指定しなければ

192.168.0.1となっています。ここを変えても構いません。

このIPアドレスがMAC側から見た、ルータのアドレスとなります。

 

MAC側の設定

MAC側の設定はTCP/IPを設定すればいいです。

まず、アップルメニューの中のコントロールパネルの中から

TCP/IPを選びます。TCP/IPが設定してある場合は

新しい設定として作るため、ファイルの中から設定を選び

複製してから、適当に名前を付けてから、設定を行います。

経由先:Ethernet

設定方法:手入力

IPアドレス:192.168.0.2

サブネットマスク:255.255.255.0

ルータアドレス:192.168.0.1

ネームサーバアドレス:プロバイダの設定を参照

検索ドメイン名:プロバイダの設定を参照

 

これでWINでダイアルアップ接続すれば

MACでもインターネットが利用できます。